IchigoJam‎ > ‎

alter-tamiya-insect

「タミヤ 昆虫ロボット2チャンネル(2モーター) の IchigoJam接続向け改造」

 IchigoJam を使ったワークショップ や IchigoJamの工作などの可能性を伝える為に、OUT1 から OUT4 を利用した、モーターの制御を行っています。簡単な命令で、ロボットが動作するため、子供に人気です。昆虫ロボットの改造に、いくつか手順が必要になっているので、ツール化が出来ると嬉しいポイントと共に説明します。


概要:
  • 材料
    • タミヤ ロボクラフト 昆虫 :1つ
    • いくつかのケーブル or コネクタ類
  • 別途必要なもの :
    • IchigoJamに接続できる モータードライバ
  • 完成イメージ:

手順: (完成前の手順を示しますが、組み立て後でも可)
  • ロボットのコントローラー を取り出す

  • コントローラーの基板近くで、ケーブルを切る。基板から5cm程度のところが良いと思います(後述の工作の為)

  • 切ったケーブルの終端側に、モータードライバ接続用のコネクタ(オス)を付ける
  • 各種モータードライバに接続が可能になります

  • 余裕があれば、コントローラーの基板側にコネクタ(メス)を付ければ、遊ぶ事もできます

    ツール化できると嬉しいポイント:
      • コネクタ(オス)をつける改造が難しいと思いますので、その点を改善できるツールがあると良いと考えています。
        • 案0:ジャンパワイヤー 4本 を、配線露出して接続
          • ジャンパワイヤー(1芯) x 4本
          • モーターの配線(4芯)に、各1本ずつねじって継ぎ足す
          • (Option)継ぎ足し部分のハンダ
          • 継ぎ足し部分にビニールテープをまいておく (or 熱収縮チューブ)
        • 案1:QIコネクタプラグ付き ワイヤーケーブル(4芯)
          • QIコネクタ(オス) ==== ワイヤーケーブル(4芯) ==== 終端加工なし
          • QIコネクタ側 => IchigoJamのモータードライバ
          • 終端加工なし側 => 昆虫ロボットのモーターへはんだ付けに使う
            • モーターへの配線のはんだ付けであれば、QIコネクタ取り付けよりも容易だろう!
        • 案2:タミヤキットのモーター == コントローラー間に、QIコネクタを事前取り付け
          • 各キットに同梱されてるパーツを取り出して、事前加工を行なう



      商品など
      Comments