IchigoJam‎ > ‎

IchigoSoda contents (jpn)

日本語のコンテンツby ict4e Ltd


IchigoJam と LTE機能が合体した、IchigoSodaの情報まとめ。IchigoSodaにsakura.ioモジュールを亀の子合体させて電源をいれれば、即LTE通信が可能。




公式サイト

  • さくらインターネット : sakura.io
  • sakura.io コンソール
    • https://secure.sakura.ad.jp/iot/console/#/
    • sakura.io 通信GW。WebUIでサービス追加などの設定を行います
    • sakura.io ドキュメント
      • IchigoSodaスタートガイド
      • ここでは、IchigoSodaとsakura.io通信モジュールを組み合わせて、データをプラットフォームに送信するためのチュートリアルを行います。
    • アカウントは、新規で無料 or 既存さくらインターネットアカウントでOK(支払い方法が紐づく)
    • 料金
      • プラットフォーム利用料 月額 60円/モジュール , データー40日保存料は現在無料!
      • 初回モジュール登録時10,000ポイント。1通信1ポイント消費で、月額支払で毎月10,000ポイント
  • IchigoSoda利用に適した IchigoJam ファームウェア

利用にあたり

    接続時間

    電源いれてから or IchigoSoda右上の「Module Reset」スイッチを押してから、接続まで約70秒程度 かかります。電源ONで即接続ではないので、しばし待ちましょう。

    接続状況


    IchigoSoda左上のLED3点滅状態で、Softbank網への接続状況が確認できます。電源を入れたばかりのときは、3回点滅か2回点滅を繰り返し、接続が完了したら 1回点滅に変わります。ずっと点滅してても1回点滅ならOKってことですね(最初、ここがわからなかった)



    LED3 (Status) 通信状態インジゲータ (sakura_module_datasheet_latest.pdf より抜粋)

    1 回点滅

    LTE 網および sakura.io プラットフォームとの接続を確立し,データの伝送が可能な状態に あることを示します。

    2 回点滅

    LTE 網および sakura.io プラットフォームへの接続試行状態にあることを示します。

    3 回点滅

    接続準備中であることを示します。



    LTE 網のエリア圏外,sakura.io コントロールパネルへ本モジュールが登録されていないなどの要因により接続試 行が失敗した場合,本モジュールは自動的に再接続を試みます。そのため,LED の点滅回数が 3 回→2 回 →3 回...と変化することがあります。

    ファームウェアバージョン v1.4.0 現在,本モジュールの再接続要因を LED から判別することはできません。


    IoT.IN() の動作

    WebUIから送ったメッセージは、順次IchigoSodaのモジュールに受信されバッファに保存されます。IoT.IN()をすると、順次読み取る形になるので、リアルタイムに実行しなくても大丈夫。バッファがたまりすぎてそうなときは、無限ループでLチカするなどして空にすれば安心です。


     

    ショップ

    FAQ Group on Facebook

    オススメサイト 

    • ボクにもわかるIchigoJam用マイコンボード > IchigoSoda / sakura.io の接続方法
    • BASICでIoT「IchigoSoda」さくらインターネットからまもなく登場 - IchigoJam for sakura.io
    • 1行リターンでIoT、さくらのIoT Platformα x IchigoJam BASIC で超簡単ネット接続デバイスづくり
    • 大人も手軽にIoT! IchigoJam ver 1.3 は何が違うのか?



    Comments